スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ブッククラブ
2015 / 01 / 25 ( Sun )
春から小学4年生になる息子用にブッククラブ(児童書や絵本の定期配信サービス)を検討中。

学校や塾のテストは、点数聞くだけで内容はあまりチェックしてないんだけど(←え)、たまたま時間があったのでテストの間違い直しを一緒にやってたら、どうも算数の文章題や国語の読み取りが苦手な息子。普段からあまり本を読まないので、まとまった文章を読んで理解することに慣れていないみたい。本はできればたくさん読んでもらいたいけど、私が勝手に図書館で借りてきて渡しても、結局本人が興味を持って読まないと意味がないし、強制して読ませるものでもないし...。

で、ふと思い出したのが、自分が子供の頃に定期的に届いていた本の数々。今思うと、あれは一種のブッククラブだったのでしょうね。今のように色々な出版社の本が幅広く届いたわけではなく、確か少年少女文学シリーズみたいな、同じ出版社のシリーズものだったけど。自分が選んだ本ではなかったけど、『小公女』とか『にんじん』とか、今でも結構記憶に残っています。何より、毎月(か、数カ月に一度だったかな?)自分宛てに届くのが単純に嬉しかった(^^♪

息子が興味を持つかは分からないけど、とりあえずサービスをいくつか自分用にメモ。

クレヨンハウス 絵本の本棚
メルヘンハウス ブッククラブ
絵本ナビ 絵本クラブ

配本予定の本の内容や冊数はもちろん、手持ちの本とかぶっていた場合はどうするかとか、値段とか、その他メリットなど、要検討ポイントはいろいろ。絵本ナビは、小学校の絵本読み聞かせボランティアの絵本選びでいつもお世話になってるから、気になるところ。

どうしようかなぁ。
15 : 48 : 56 | 子育て日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<アレルギー!? その後 | ホーム | 10年>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bistrogoody.blog56.fc2.com/tb.php/549-6a5ad7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。