スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
まめちゃんの避妊手術(4日目、5日目、6日目)
2011 / 11 / 14 ( Mon )
手術後4日目:前日お医者さんに診察してもらって少し(私が)落ち着き、とりあえずは様子を見守ることにしました。相変わらず寝てばかりですが、この日から食欲も少しずつもどってきたようで、見向きもしなかった犬用ボーロやササミチップを少し口にするようになりました!また、フードには相変わらず関心を示しませんが(これは手術とは無関係かも...)、野菜のおじやに軽くゆでた肉をトッピングした手作りごはんは少しずつ食べられるようになりました。この日は息子の小学校入学前健康診断に出かけたり、公園で自転車の練習をしていたりしてまめちゃんはほとんどお留守番でしたが、一匹でのんびりできてかえってよかったかな?ケージに入れるのはかわいそうなので、夜もソファや人間の布団など、好きなところで寝せています。(蛇足ですが、小さい頃はトイレを失敗したり、トイレシートをぐちゃぐちゃにして部屋中に巻き散らかすといういたずらをしたことがあったので、人間の目がそばにないときはケージに入れていましたが、そういうこともなくなったので、これを機会にケージを撤去していしまいました。)

手術後5日目:寝てることが多いものの、部屋の中を歩き回りだしたりおもちゃで遊んだり、目に見えて元気がでてきた!う○ちも、やわらかめで量は少ないけど出るようになってきました!しかし、私が掃除機をかけるといつも逃げるのだけど、動くのが億劫なのか手術で肝が据わった(?)のか、のんびりと眺めているまめちゃん。完全ではないながらも食欲も戻ってきて、誘うとじゃれて遊ぶようにもなりました。そして、ひさびさにじゃれながらおなかをみせるポーズも披露もう少しで完全復活か?

手術後6日目:と思っていたら、いきなり復活!のまめちゃん。朝起きると立ち上がって(人間の)顔をなめるご挨拶も、夫や息子が出かけるときの玄関までのお見送りも、普通どおりにやるようになりました回復のスピードがどんどん速くなっているようで、昨晩とは大違い。やはりケモノはじっとうずくまって傷を癒すものなのですね...。久しぶりに短いお散歩にも行けました。心配してくれた獣医さんから電話がありましたが、元気になったことを伝えると一緒に喜んでくれました。次は抜糸にくればいいって。傷を舐めることもないので、10日後くらいには抜糸できるでしょうとのこと。

ということで、まめちゃんの手術~回復までの記録は一応終了です(まだ抜糸があるけど)。どうなることかとはらはらしましたが、こうして書いてみると、1週間弱で元に戻ったようです。手術後の様子は本当にわんこによって差があるようですが、今回いろいろな人に聞いてみたところ、たいてい2~3日は元気がないもののようですね。特にまめちゃんは怖がりで(意外と?)繊細な性格だったため、精神的ダメージがやや大きかったもよう。

結果論ですが、まめちゃんの場合、(子供を生ませるつもりがないなら)もっと早い段階で手術をしてあげたほうがよかったようです。前述のとおりヒートの間隔が短く、そしてヒートの期間自体が長い傾向があったため、放っておくと子宮内膜炎(だったかな?)などの病気にかかる確率が高いそうです。それに、想像だけど、これだけホルモンの影響が強い子だけに生理痛的なものもあったと思うんですよね...。ヒート中は確かにいつもより元気がなかったし。

そして今回の手術で発覚したこと...それはまめちゃんが「メタボ」であることおなかを開いてみたら、「脂肪だらけ」だったそうです...。体重は割と適正だから気付かなかったよ。でも確かに、ボステリらしからぬプヨプヨしたおなかやあご下ではあるけれど。そのせいもあって、手術の傷が大きく(3針→5針)になってしまい、痛みも強くなってしまったようです。

抜糸して完全に回復したら、飼い主ともどもダイエットにはげみます!

テーマ:We Love★ボストンテリア - ジャンル:ペット

14 : 14 : 21 | わんこ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<復活! | ホーム | まめちゃんの避妊手術(3日目続き)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bistrogoody.blog56.fc2.com/tb.php/455-b91e73f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。