スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
まめちゃんの避妊手術(手術当日、2日目、3日目)
2011 / 11 / 09 ( Wed )
現在1歳9ヶ月のまめちゃん、おとといやっと避妊手術をしました。手術する場合、普通は最初のヒートを迎えたら(生後10ヶ月くらい?)、というタイミングのようですが、1年近くも遅くなってしまいました。

理由はいくつかあるけれど、麻酔や手術の危険性と避妊しない場合のデメリットの間で迷っていたこと、いまひとつ信頼できる獣医さんにめぐり会えなかったこと、そしてこれが一番大きいのですが、まめちゃんのヒートの周期が標準より早く(4ヶ月に1回くらい。標準は半年に1回くらい)、「そろそろお医者さんに相談...」と思った頃にヒートが近づいてしまっていたこと、などがあります。

しかし、今年になって信頼できそうな獣医さんに出会えたこと、そしてようやくまめちゃんのヒートの周期が短い(最初だから不安定なのかと思っていたけど、どうやらそういう体質らしい)=ホルモンにさらされる期間が長いため子宮系の病気にかかる確率も高いということに気付いたこともあり、ようやく手術をするはこびとなりました。

手術は11月7日、病院に一泊して8日にお迎えにいきました。手術自体は無事成功したのですが、術後の経過がとても気になるので、今後のためにもメモ代わりにアップしておきます。

手術当日:前日夕方から絶食・絶水し、朝9時半頃お医者さんへ。その後心電図や血液検査を行い、手術(私は検査前に帰宅。問題があれば電話してくれるとのことでした)。午後3時頃に病院から連絡があり、無事手術が終わり、麻酔も覚めて歩き出したとの報告(ここでいくつか問題を報告されますが、それはまた後日)。後から聞いたところ、この日のごはんはすべてボイコットしたそうです。

手術後2日目:朝10時半くらいにお迎え。手術の経過や検査の結果などを聞き、無事再会ぶるぶる震えていて、どうやらかなり怖がっている感じ。お医者さんによればケージをとてもいやがっていたらしく、ケージに入れるとごはんも食べず寝ているだけだったようです。普段自由にしてるからね...。

手術後のわんこの様子はそれぞれ個体差があると聞いていましたが、どうやらまめちゃんはしょんぼりタイプ。ずーっと寝ているばかりで、いつもならとびつくおやつも食べない、もちろんフードも食べない、水も飲まない。人間が食べていたパンをひとかけらあげたら食べたけど、すぐにもどしてしまいました...。まだ麻酔の影響もあるのかと無理に食べさせることはせず、ひたすら寝かせておきました。病院に連れて行って痛い目にあわせてしまったという負い目があるのか、なんとなく信頼関係が薄くなり、こちらを伺っているような気もします。気のせいかもしれないけど。夜ごはんのとき、ふかしたさつまいもを小さくきってあげたら、それは少し食べてくれました。

うちは人間の外出時と夜だけハウスに入れているのですが、この日はとても心配だったため、リビングにお布団しいて人間と犬で寝ました。最初はひたすら寝ていたまめちゃん、夜中になって、オット→私→息子とあちこち寝場所を替えたり、寝ているときにいきなり顔をべろべろ舐めてきたりしました。びっくりしたけど、顔を舐めるというのはまめちゃんの大好きな行動。退院後初だったので、ねぼけながらも嬉しかったです

手術後3日目(今日):朝、前日よりは少し元気な気がしましたが、まだフードは食べず。というか、元気なときもフードを食べないことはしょっちゅうだったので、代わりに好きなヨーグルトをあげてみたら、これはぺろりときれいに完食!合計で大さじ3杯くらいあげたかな。息子が保育園の遠足だったので、お弁当に入れた梨も少しあげたら、これもぺろり。お、食欲でてきたかな、と、わかめとサツマイモ入りのおじや(便秘しているようなので、繊維質多めに)を作ったら、ほんのひとにぎりくらい食べました。お肉を入れたらもっと食べるかな?

その後もひたすらソファで寝ていますが、心配なのがう○ちが出てないこと...。手術日の朝にしたきりだし、う○ちの体勢(があるんですよ 笑)にはなるけど、肝心のものが出てこないって感じ。ものを食べてないから仕方がないけど、自分が便秘体質なだけに、ためてしまうと苦しいことがわかっているのでかなり心配。これは獣医さんに要相談。

お昼も、いつもは私が何かを食べだすとすぐに飛んできて「ちょうだい!」ってするのに、今日はソファからまったく動かず。なんだか張り合いないよー。いつもはお昼はあげないのだけど、朝ろくに食べてないので、フードをお湯でふやかしたものを出したけど、これは完全無視。その後ヨーグルトとサツマイモの角切りを混ぜたものを少しだけだしたら、これは完食。

獣医さんによれば、痛みはそれほどないはず、とのこと(動物は人間より強くできているので、手術翌日にはお散歩にいけるくらい元気な子もいるそう)。元気がないのは精神的なダメージによるものが大きいようで、おうちでひたすらゆっくりして、もう怖いことはないよ、大丈夫だよ、と安心させてあげることが一番のような気がします。

元気になるまで、続く。







テーマ:We Love★ボストンテリア - ジャンル:ペット

16 : 11 : 24 | わんこ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<まめちゃんの避妊手術(3日目続き) | ホーム | 夏のおでかけ - その3:キッザニア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bistrogoody.blog56.fc2.com/tb.php/453-79437262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。