スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
本当の支援とは?
2011 / 04 / 15 ( Fri )
地震によって引き起こされた原発問題。これは天災ではなく人災だという意見もあります。もちろん毎日ニュースで取り上げられているし認識はしていましたが、いきなり直接的な問題として考えなければならなくなりました。

1週間ほど前から話題になっていたようですが、川崎市の市長が、被災地の瓦礫を運んで川崎で焼却処分すると申し出たそうです。ここ1週間、市には苦情が殺到していたようで、市側は「放射性物質が付着したごみは持ち込まない」と対応しているそうです。

が、どうやって放射性物質がついていないかどうか調べるのでしょう?まさか瓦礫ひとつひとつをチェックするわけではないだろうから、サンプル検査??もし放射性物質が付いたごみを燃やせば、川崎を中心に放射性物質が拡散して...とこれは最悪の場合ですが。

一方で、被災地の方々のために役立つことをしたいという思いは確かにあります。川崎市は、他の災害のときにも瓦礫の処分を手伝っているそうです(今回のような放射能物質の問題はなかったはずですが)。「支援したいならごみを受け入れればいいじゃないか」と言われるかもしれません。しかし、100%安全なごみと確信できない限り、市民として受け入れがたいのも事実です。大人はともかく、子供への影響は未知数です。今でさえ不安にかられることが多いのに、もっともっと神経質にならなければならないのでしょうか。

報道もされていたようですが、そう大きな問題としては取り上げられていなかったようで、ママ友に聞いて初めて知りました。市民が知らされていないというのが一番怖いところ。今のところ具体的な日程や方策などは決まっていないようですが、勝手にことを進めず、市民(と近隣自治体)に対してきちんと説明してくれることを希望します。
14 : 38 : 37 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ピーマンの肉詰め | ホーム | もやしと豚バラのポン酢炒め>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bistrogoody.blog56.fc2.com/tb.php/412-cb743f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。