スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
地震があったとき その2
2011 / 03 / 17 ( Thu )
本日も計画停電対策のため、夜間お仕事中。昼間ちゃんと寝てますよ。眠いけど。

===========

福島のスキー場で地震にあった話の続き。建物から出てゲレンデに避難すると、同じく多くのスキーヤーとボーダーが集まっていました。余震もかなり大きなものが続き、不安は不安でしたが、スキー場なので周りに倒れてくる家具もなく、上から落ちてくるものもなく、恐らく家で仕事をしていた場合の方が恐怖を感じたでしょう。

しばらく余震が続くと、ホテルの部屋で待っているまめちゃんが心配になりました。実はこの時点ではそんなに深刻な事態になっているとはわからず、こんな大きな地震は初めてだなぁ、程度の思いでした。早くお部屋に戻ってまめちゃんの様子をみようとホテルに戻ってみると...。

お部屋の安全点検のため、ロビーで待機してくださいとのアナウンスが。ロビーのテレビで初めて津波に車が流される様子や建物や家が燃えているところを見て、愕然としたのでした。ちょうどチェックイン時間あたりだったロビーには到着したばかりの宿泊客や、私たちのようにスキー場から戻ったばかりの人たちがあふれています。

すばらしかったのは、ホテルの対応です。こういうときのマニュアルもあるのでしょうが、すぐにタオルや毛布、椅子を準備してくれて、全員がなんとか座るスペースを確保してくれました。温かい飲み物を配ってくれたり、不安そうな子供にはお菓子を配ってくれたり。私はお願いしませんでしたが、この時点で携帯がほぼ不通になっていたので、固定電話での連絡もフロントで受けてくれたようです。

そしてなにより、まめちゃんを部屋から連れ出して預かっていてくれたのです!!!これは本当に助かりました。怖がりのまめちゃんが部屋で震えている様子を想像して、胸が痛んでいたところでした。部屋のケージのそばにおいてあったキャリーケースにきちんと入れてくれて、しかも置いてあったオモチャも一緒に入れておいてくれたところが泣けました。

まめちゃんに会えてほっとはしましたが、夕方6時を過ぎてもお部屋に戻れる様子はなく、今日はこのままここで寝るのか...とだんだん不安に。でも、親の不安はすぐ子供に伝染するので、ロビーにおいてあった絵本を読み聞かせながら時間をつぶしつつ、目はテレビに釘付け。私の普通の携帯(au)は通じなかったしezwebにも接続できませんでしたが、iPhoneなどのスマートフォンは比較的通じやすかったようです。そして、情報収集に一番役立ったのは、twitterでした。

===========

皆さん、被災地の方々のために自分に何ができるかを色々と模索されていることと思います。私も同様で、何をしてよいやら、日々悩み中...。とりあえずは、節電・節水・節ガスと、募金です。買いあさりもしないようにして、日々必要なものを可能な範囲で手に入れて、手に入らないものはあきらめるか何か代わりを探すようにしています。そもそも旅行で冷蔵庫をからっぽにしていたので、帰った翌日はある程度まとめてスーパーで買い物をしましたが(既に多くの棚がからっぽでした...)、今後はできるだけうちにあるもので過ごそうと思います。米も残り少ないけど、生協で注文したのが今週届くはずだし、届かなければ、ホームベーカリーのパンの材料の買い置きがあるし、うどんやパスタも少しはあるはず。被災地の方のこと、ホテルで親切にしていただいたことを思えば、当たり前のことです。(でも、帰ってきた翌日、車のガソリンがほぼ空っぽだったので、つい満タンにしてしまった...。その後ガソリン不足のニュースを見て、激しく後悔したのでした。10リッターくらいにしておけばよかった。)

さっき、ホテルのホームページで、休館のお知らせを読みました。建物などへの被害はほぼなかったようで、本当は営業を続けたかったそうですが、物資の不足や交通機関の混乱によりやむをえず、という感じです。地震後、私たちが最後の宿泊客になりましたが、また営業再開したら、ぜひ泊まりにいきたいです。

磐梯山温泉ホテル


01 : 51 : 03 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<停電の夜 | ホーム | 子供への地震の影響>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bistrogoody.blog56.fc2.com/tb.php/405-3cd78a1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。