スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
子供への地震の影響
2011 / 03 / 15 ( Tue )
計画停電に備え、今日は夜お仕事してます。私が住む地区は初日は停電見送りでしたが、明日以降の予定が既に発表されており、とりあえず毎日停電のつもりでスケジュールを組んでいくつもり。

地震から数日、ついつい気持ちがそちらにばかり向いてしまい、息子のケアをうっかりしていました。今日の夕方に小さな余震があったとき、飛びついてきた息子。福島のスキー場にいたときは、夜中にかなり大きな余震があっても目を覚まさなかったのに。また、夜になって、「一人でトイレに行くのが怖い」「洗面所で歯をみがくときそばにいて」...。

ニュースやさまざまな記者発表が気になって、一日中テレビをつけっぱなしにしていたのがよくなかったようです(旅行の疲れが残っていたため、今日は保育園をお休みしました)。テレビで絶えず流れる被災地の映像。自分と同じくらいの子がテレビに映っているのを見て、どう思ったのでしょう?朝、教育テレビでおかあさんといっしょなどの子供番組を復活させてくれたので少し見せたのですが、いつもよりかなりうれしげに観ていました。夕方公園に行く約束をしていたのに、結局仕事や食材の買出しで行かなかったのもよくなかった。公園を優先すべきでした。

明日からは保育園に預けるつもりですが、仕事もイレギュラーな時間帯になるし、保育園もできれば早お迎えを、とのことなので、しばらくは短時間保育になりそうです。本当はお友達と遊んでいたほうが気がまぎれるのだろうけど。また、子供がいるときはできるだけ刺激の強い映像を流している番組は見ないようにします。

こう考えると、被災地の子供たちの精神的ダメージはいかばかりなのでしょう。想像するだけで胸が痛みます。


02 : 16 : 02 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<地震があったとき その2 | ホーム | 地震があったとき その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bistrogoody.blog56.fc2.com/tb.php/404-58ec0fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。