スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
つぶやき
2011 / 03 / 29 ( Tue )
計画停電に水問題、一部の物不足と落ち着かない毎日が続きます。被災地で苦労していらっしゃる皆さんに比べたら問題に入らなくらいのことですが...。

先日、最近の息子が投げかけてくるおもしろい質問・疑問について書きました→コチラ。このときは、答えはわかっている(または答えの調べ方はわかる)けどうまく説明できない、明確に説明する必要がない、という類の質問でしたが、最近の質問には私も答えが見つかりません...。「もう地震はこないの?」「お水はきれいになったの?」「もう停電しないの?どうして今日の停電はなくなったの?」などなど。私が住む川崎のあたりですら、今でも震度3程度の余震はときどきあります。地震はもうこないと言って安心させてあげたいのはやまやまですが、それはありえないので、「お母さんにもわからないけど、もうあんなに大きな地震はしばらくないと思うよ」程度しか言えません。お水のことや停電のこともしかり。大人だってどうなるのか、本当はどうなのかよくわからないのです。幸い、そう深刻に質問してくるわけではないのでこの答えで満足してくれていますが(または、私の話を聞いてない??)...。

ところで、最近スーパーの物不足はだいぶ解消されつつあります。牛乳やお米、トイレットペーパーなども普通に売られているようです。水は見かけないけど。しかし、なぜか私の周辺でヨーグルトを見かけない...。生協も欠品続きだし。ヨーグルトは必需品ではないかもしれないのだけど、好きなんだ!食べたいんだ!...最近、あまりスーパーに行っていないので(もともとスーパー好きで、ちょこちょこ行ってはいらないものを買ってくるクセ(?)があるので、買いだめ防止のため)わらかないのだけど、そろそろ復帰してくれてるかしら、ヨーグルト。

こんなときですが、仕事は順調にあります。もともと取引先の大元は海外がほとんどなので、リーマンのときのような仕事の減り方はしないかと思うけど...。働けるうちに働いておかねば。
スポンサーサイト
14 : 09 : 19 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
寄付
2011 / 03 / 22 ( Tue )
ここ最近しみじみ思うこと。電気や水って大切。いつでもお店で食べ物や必要なものを買えるってすごい。普通に暮らせるって幸せ。

省エネとあわせてうちでも協力できること、それは寄付です。恥ずかしながら今まで寄付ってしたことがなくて、しかも世の中(悲しいことに)義援金詐欺が流行っていたりするので、寄付する先も選ばねばなりません(詐欺でなくても、手数料を取られる団体もあるらしい...ひどい)。うちが寄付させていただいたところは、今のところ↓のとおり。ただ、一回だけでは意味がないと思うので、今後も細々と続けていきたいと思っています。

1. 日本赤十字社:クレジットカードでも寄付できます。うちはカードで。
2. セゾンカードのポイント:永久不滅ポイント100ポイントが500円の寄付になるそうです。いつも1000ポイントたまると何かに交換することにしていて、ちょうど1000ポイントくらいたまったところだったので、全ポイント交換。こちらも寄付先は日本赤十字社のようです。
3. zozo townのチャリティTシャツ:親子3枚分購入。1枚2100円で、2000円が寄付されるそうです。こちらも寄付先は日本赤十字社ですね。

今のところクレジットカードでの寄付がメインです。みずほ銀行のシステムトラブルでうちも給与が振り込まれず(本当は先週金曜日が給料日)、手持ちの現金がなにげに少ないので。こういうときに限って、先月がんばって住宅ローンの繰上げ返済などしてしまって、もともと自転車操業状態だったのです...。

スキーに行くときの新幹線の中で、ひまつぶしにiPadでゲーム中。同じ新幹線で帰ってくる予定だったのに...。
tohokushinkansen

09 : 55 : 41 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
停電の夜
2011 / 03 / 21 ( Mon )
計画停電はグループをローテーションで回っているようです。うちにとって一番慌しいのは、18:20~22:00という時間帯(早朝も慌しそうだけど、まだ未経験)。当日は保育園早お迎えで明るいうちにお風呂に入り、停電前に夕食スタートというスケジュールにしました。食べるのはろうそくで大丈夫だし、仕事は停電後再開ってことで。

メニューは、お好み焼き、おにぎり、作りおきの野菜スープ。できるだけガスで作れるもの。といっても、食べ始めるときはまだ停電は始まっていませんでしたが。
teiden1

ワンセグで「VS嵐」鑑賞中。目が悪くなるからほんとはだめなんだけど、まだ寝るには早いし、オモチャでも遊べないし絵本も読めない...。
teiden2

お昼の計画停電中ですが、まめちゃんには無関係。うっとりお昼寝中です。
teiden3

冷蔵庫には計画停電のスケジュール表。重要な情報なので、きっとどのご家庭でも。
teiden4

スキーの話も書きたいのですが、なかなか時間がなさそうなので、写真だけ少し。

スキースクール開始前。
ski1

いってきまーす!この5時間後くらいに地震が。
ski2

閉鎖されたスキー場を使って、ぜいたくに雪合戦。帰る手段を検討し終えて(結局、翌日を待つ、という手しかなかったけど...)、何もやることがなくなり、部屋にこもっているのもなんなので、外にでたところ。他にも子連れの家族が遊んでました。
ski3

13 : 03 : 52 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
地震があったとき その2
2011 / 03 / 17 ( Thu )
本日も計画停電対策のため、夜間お仕事中。昼間ちゃんと寝てますよ。眠いけど。

===========

福島のスキー場で地震にあった話の続き。建物から出てゲレンデに避難すると、同じく多くのスキーヤーとボーダーが集まっていました。余震もかなり大きなものが続き、不安は不安でしたが、スキー場なので周りに倒れてくる家具もなく、上から落ちてくるものもなく、恐らく家で仕事をしていた場合の方が恐怖を感じたでしょう。

しばらく余震が続くと、ホテルの部屋で待っているまめちゃんが心配になりました。実はこの時点ではそんなに深刻な事態になっているとはわからず、こんな大きな地震は初めてだなぁ、程度の思いでした。早くお部屋に戻ってまめちゃんの様子をみようとホテルに戻ってみると...。

お部屋の安全点検のため、ロビーで待機してくださいとのアナウンスが。ロビーのテレビで初めて津波に車が流される様子や建物や家が燃えているところを見て、愕然としたのでした。ちょうどチェックイン時間あたりだったロビーには到着したばかりの宿泊客や、私たちのようにスキー場から戻ったばかりの人たちがあふれています。

すばらしかったのは、ホテルの対応です。こういうときのマニュアルもあるのでしょうが、すぐにタオルや毛布、椅子を準備してくれて、全員がなんとか座るスペースを確保してくれました。温かい飲み物を配ってくれたり、不安そうな子供にはお菓子を配ってくれたり。私はお願いしませんでしたが、この時点で携帯がほぼ不通になっていたので、固定電話での連絡もフロントで受けてくれたようです。

そしてなにより、まめちゃんを部屋から連れ出して預かっていてくれたのです!!!これは本当に助かりました。怖がりのまめちゃんが部屋で震えている様子を想像して、胸が痛んでいたところでした。部屋のケージのそばにおいてあったキャリーケースにきちんと入れてくれて、しかも置いてあったオモチャも一緒に入れておいてくれたところが泣けました。

まめちゃんに会えてほっとはしましたが、夕方6時を過ぎてもお部屋に戻れる様子はなく、今日はこのままここで寝るのか...とだんだん不安に。でも、親の不安はすぐ子供に伝染するので、ロビーにおいてあった絵本を読み聞かせながら時間をつぶしつつ、目はテレビに釘付け。私の普通の携帯(au)は通じなかったしezwebにも接続できませんでしたが、iPhoneなどのスマートフォンは比較的通じやすかったようです。そして、情報収集に一番役立ったのは、twitterでした。

===========

皆さん、被災地の方々のために自分に何ができるかを色々と模索されていることと思います。私も同様で、何をしてよいやら、日々悩み中...。とりあえずは、節電・節水・節ガスと、募金です。買いあさりもしないようにして、日々必要なものを可能な範囲で手に入れて、手に入らないものはあきらめるか何か代わりを探すようにしています。そもそも旅行で冷蔵庫をからっぽにしていたので、帰った翌日はある程度まとめてスーパーで買い物をしましたが(既に多くの棚がからっぽでした...)、今後はできるだけうちにあるもので過ごそうと思います。米も残り少ないけど、生協で注文したのが今週届くはずだし、届かなければ、ホームベーカリーのパンの材料の買い置きがあるし、うどんやパスタも少しはあるはず。被災地の方のこと、ホテルで親切にしていただいたことを思えば、当たり前のことです。(でも、帰ってきた翌日、車のガソリンがほぼ空っぽだったので、つい満タンにしてしまった...。その後ガソリン不足のニュースを見て、激しく後悔したのでした。10リッターくらいにしておけばよかった。)

さっき、ホテルのホームページで、休館のお知らせを読みました。建物などへの被害はほぼなかったようで、本当は営業を続けたかったそうですが、物資の不足や交通機関の混乱によりやむをえず、という感じです。地震後、私たちが最後の宿泊客になりましたが、また営業再開したら、ぜひ泊まりにいきたいです。

磐梯山温泉ホテル


01 : 51 : 03 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
子供への地震の影響
2011 / 03 / 15 ( Tue )
計画停電に備え、今日は夜お仕事してます。私が住む地区は初日は停電見送りでしたが、明日以降の予定が既に発表されており、とりあえず毎日停電のつもりでスケジュールを組んでいくつもり。

地震から数日、ついつい気持ちがそちらにばかり向いてしまい、息子のケアをうっかりしていました。今日の夕方に小さな余震があったとき、飛びついてきた息子。福島のスキー場にいたときは、夜中にかなり大きな余震があっても目を覚まさなかったのに。また、夜になって、「一人でトイレに行くのが怖い」「洗面所で歯をみがくときそばにいて」...。

ニュースやさまざまな記者発表が気になって、一日中テレビをつけっぱなしにしていたのがよくなかったようです(旅行の疲れが残っていたため、今日は保育園をお休みしました)。テレビで絶えず流れる被災地の映像。自分と同じくらいの子がテレビに映っているのを見て、どう思ったのでしょう?朝、教育テレビでおかあさんといっしょなどの子供番組を復活させてくれたので少し見せたのですが、いつもよりかなりうれしげに観ていました。夕方公園に行く約束をしていたのに、結局仕事や食材の買出しで行かなかったのもよくなかった。公園を優先すべきでした。

明日からは保育園に預けるつもりですが、仕事もイレギュラーな時間帯になるし、保育園もできれば早お迎えを、とのことなので、しばらくは短時間保育になりそうです。本当はお友達と遊んでいたほうが気がまぎれるのだろうけど。また、子供がいるときはできるだけ刺激の強い映像を流している番組は見ないようにします。

こう考えると、被災地の子供たちの精神的ダメージはいかばかりなのでしょう。想像するだけで胸が痛みます。


02 : 16 : 02 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
地震があったとき その1
2011 / 03 / 13 ( Sun )
あの大地震のあったそのとき、私たち家族は福島のスキー場にいました。

思えば地震の前触れのように、突然の横殴りの吹雪。午前中にスキースクールを終えた息子と私はゲレンデの下の方で雪合戦、夫は上の方をすべってくるとリフトで山の上へ。でも、それぞれ吹雪に参って施設の建物の中へ戻ったところでした。ひどい吹雪だったね、まめちゃんもホテルの部屋で待っているし、そろそろ切り上げようか?などと話し合っていたその時...

突然の大きな振動が。

やはり吹雪のせいで多くのスキーヤーが建物の中に入っていました。最初みんな、地震だけど、すぐおさまるのでは?という感じでその場にとどまっていましたが、恐らく関東でもそうであったように、長時間に及ぶ大きな揺れに異常を感じ、どっと建物の外へ。私たち親子も人波の最後について外にでました。これまでに体験したことのないような地面の揺れ、建物の揺れ。子供はもちろん、大人の女性も泣き出すようなゆれっぷり。

**************

結果を言えば、本日無事、自宅に戻ることができました。予定外の一泊をはさみましたが、こうして無事戻れたのは、宿泊したホテルのスタッフの皆様のおかげです。息子はやや地震にトラウマを覚えているようです。私も、自宅に戻れてほっとしたものの、被災地を見捨ててきたような罪悪感が。私たちにできることって、なんでしょう?

続きはまた。地震の被害を受けたあらゆる方々にお見舞い申し上げます。
23 : 59 : 15 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
息子の習い事
2011 / 03 / 07 ( Mon )
今年6歳になる息子。幼稚園で言えば年長さんになります。基本的に平日は朝から晩まで保育園で、習い事といえば保育園でオプションで連れて行ってくれるスイミングのみ。これはこれで本人楽しいらしく、しかも親は一緒に見学したりしなくていいので楽チン個人的に(私が)、楽器を何かひとつでもできるとかっこいいなと思っていたので、2~3歳のときにヤマハの子供音楽教室にいれてみたけど、本人、そういやがりもしなかったけど興味もなさそうで、本格的に幼児科に進む前に退会。それ以来、まあ無理に何かやらせることもないかとそのままできました。(ほんとはまだ楽器に(私が)未練があるんだけど...

が、昨年から保育園に月一回英会話の先生がきてくれることになり、英語に興味を持ち出したようです。夫も私も、少なからず英語に関わる仕事をしているのに英語コンプレックスがあり、子供にはできるだけ外国語に対する「恐怖心」や「違和感」を持って欲しくなかったので、これ幸いと英会話スクールを探し出しました。だって、保育園のたった月一回の英会話レッスンでも、簡単な会話をしたり単語を覚えたりするのですよ。パパが来ているTシャツからアルファベットを覚えたり、iPadで普通に英語の絵本ムービーに熱中したり。子供の脳の柔軟性恐るべし。

色々と(主に夫が)リサーチしてみたのですが、週末にレッスンを受けられる子供英語スクールって(ここらへんでは)以外と少ない。結局ECCとイーオンという大手2校に絞り、それぞれ見学や体験レッスンを受けてきました。どちらもそれぞれ甲乙つけがたく迷ったけど、結局保育園にもきてくれているECCに決定。講師が外国人というのが一番の決め手かな。カリキュラムや教材なんかはどっちもどっち。今年度から小学校で英語の授業が始まるとのことで受講者が増えているらしく、週末最後の枠でした。

4月から、週一回のレッスンが始まります。自分が子供の頃は英語をならうなんてどんなお金持ちの子供かって感じだったので、私が興味深々どんなレッスンかなぁ(一部見学はしたけど)。子供に戻って、りっくんと一緒にレッスン受けたい(本気で)。

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

00 : 16 : 52 | 子育て日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
グレードアップ!
2011 / 03 / 03 ( Thu )
何がグレードアップって、最近の質問内容。

もはや「どうして空は青い」的なあいまいなものではなく、「どうしてテレビに出てくる前のおもちゃが売ってるの?」(仮面ライダーに登場する新キャラのおもちゃが放送日前よりも店頭に並んでいる件)、「どうしてまめちゃんの耳は頭の上についてるの?」、「どうしてチョコレートは溶けるの?」、「新しい星はどうやって見つけるの?」、「雪は水からできてるのに、水色じゃなくてどうして白なの?」などなど。毎日数個の質問をされているので、累計かなりの数になると思いますが、あまりにも次々でてきて、こっちが次々忘れてしまいます

こういうとき、最初はちゃんと調べて後で答えようとしていたのですが、最近は適当でもなんでもその場で答える(か、後でお父さんに聞いてみて、と投げる)ようにしています。どうせきちんと調べて教えたとしても、聞いた本人、質問だけで満足して答えを聞いてないことも多々あるし、その場で自分で考えさせる方が役に立つかと。

子供の成長スピードを目の当たりにすると、自分がいかに停滞しているかがよくわかります。1年前と同じ課題で悩んでいたりするからね。

風邪で保育園をお休みしている間に、同じクラスの女の子からバレンタインのチョコをもらいました

バレンタイン1

5歳女子作。絶対に私より上手...。
バレンタイン2

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

13 : 15 : 42 | 子育て日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。